スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかた講座のご案内

幼い頃から茶道をしていたこともあり、きものを着る機会はある程度あり・・
母がきもの好きという影響もあったのか、
嫁入り修行で始めた着付け教室で、すっかり私もきものが好きになりました。

私の通う教室で、夏に向けての新たな講座案内がでたので私からも紹介します

3回コース \2,000 ~ゆかたの着方・おしゃれな結び方・美しいマナー~
12回コース \12,000 ~3回コース+きものの着方・名古屋帯のお太鼓・袋帯の二重太鼓etc~ ゆかたプレゼント
チラシ

最近は安くて手軽なお店にも、浴衣が売られるようになりましたね。
着物だけでなく、帯や小物もなんというか今風?で洋服感覚なものがたくさんあります。
古くからの日本の柄や雰囲気等を尊重したいという思いもありますが
・・・これによって「浴衣」という文化が若者から先輩方まで多くの人に広まり、
多くの人が浴衣によってSMILEになることは、私は嬉しいことだと思います。

日本茶に置き換えて考えると、
ペットボトルやティーパックが普及し、日本茶の文化や、本物の茶の美味しさ・楽しみ方が後回しにされるのは悲しいことです。
しかしそこを入り口として、私たちが伝えたいことを感じ取ってくださる方が増えると信じています
時代と共に、伝統や文化を尊重しながら、いい方向へ順応していけたらBESTですね。

★京都きもの学院さん http://www.kyoto-kimono-g.jp/
スポンサーサイト

思いがけないSmile

昨日はOff日だったので、30分ほどかけて街まで自転車で出かけました。
帰りに鶴舞公園へフラっとよってみると・・・
「花祭り」と題して、バラ園ができていました
バラ2バラ1

思い切って動いみた今日の私、
思いがけなく素敵なバラ園に出会い、思いがけないSmileが得られました

赤いバラの花言葉は情熱・愛情等といますが、
ダークピンクの花言葉は感謝とありました。なかなかっGood。

玄米が香る♪

今日は晴天けれどなぜか温かいほっとするお茶が飲みたい気分。

ということで今日のお茶は「煎茶玄米茶」に決定。
玄米茶100527

先日購入した巨大急須で、少しうすめ+低温で淹れてみました。

朝から家の中がおもちを焼いた時の様な玄米の香りに包まれて
今日もHappyな1日になりそうな予感

★今日のお茶:宇治煎茶玄米茶 だんらん 200g入★

My Style マイボトル

どこへ行くにも、家ででも、私はマイボトルを身近においています。
水分を取ろうとしているのは勿論、今や緑茶は体に良い効用がたくさん発表されてますしね。

象印さんもマイボトルを推奨されていますが、そのCM!
心地のいいCM「♪いつでもどこでも一緒にAll The Time I Need My Bottle♪」は大好きです。
(ちなみに象印HPhttp://www.zojirushi.co.jp/でもこのCMが聞けますよ)

最近私は、着せ替えのボトルを和紙の藍色に変えました。(夏仕様

マイボトル1マイボトル2

雑貨屋さんや、ホームセンターも様々なサイズや柄のボトルを提案されています。
私が今使っているのは、象印さんの250ml容量の着せ替え可能なステンレスマグ。
以前お茶関係のイベントで、父が「茶葉とのセット」でもらってきてくれました。
お茶好きにとってかなり嬉しいギフトセットだと私は思います。
ちなみに最近母は、薄くて軽いマグを買っていました。

それぞれの用途で選べる時代になってきましたね。
みなさんはどのようなマグを持たれているのでしょうか?



大きなな急須

先日、愛知県常滑市に急須を買いに出かけました。
普段ほうじ茶を毎日の「ガブ飲み」にしている私は、どうしても普通サイズの急須がもの足りず・・・
急須

今までの急須(右)は約200ccで、大きめのマグカップ位の量でした。
今回購入したもの(左)は、何と約700ccもはいるんです!!
1ℓのボトルにほうじ茶をつくるのに本当に最適なんです

常滑焼団地「セラモール」 http://www.ceramall.or.jp/
セラモール


深蒸しに適している中網を持つ急須や、一人用の小さい急須、今回のような大きい急須等、
様々な種類の急須や茶器が嬉しくなるほどそろっています。

こんなかわいいレトロチックなCUPもありました。
CUP
名古屋市内かでもそう遠くない距離なので、お勧めスポットですよ。

冷茶のすすめ

冷たいお茶もほしくなるシーズンになりましたね。
今日のように『冷たいお茶も、温かいお茶もほしい』という中途半端な日は・・・

私は 『急冷法』
 ① いつもより少し多めの茶葉を急須にいれる

 ② 70~80度にお湯を冷ます(?はいつもと同じ)
急冷法

 ③ 1・2分待ち、氷をたっぷり入れたボトル(コップ)に直接注ぐ
急冷法2

これで簡単に美味しい冷茶ができあがります
急なお客様が来られた際なんかにも活用できますよ。

★今日のお茶:宇治煎茶 彩 100g入 約10g★



私の育った宇治田原町

京都は宇治の東 宇治田原 という地をご存知ですか?
宇治田原町は、日本緑茶発祥の地 なんです。

四方を山で囲まれた自然豊かな町で、もちろん茶の商いが盛んなところです。
今はちょうど茶摘みの時期ですが、小学校の頃は『茶摘みの日』がありました。
茶摘みカゴを各自もち、あおあおとした新芽を手摘みしましたね。
その後にもらえるアイスキャンディが嬉しかったものです(笑)
軽トラックに、茶摘み姿のおばさん・おばあちゃんが乗り込み、
茶畑に向かう姿もこの時期ならではの情景です。
田原の茶畑1
5月13日に撮影した、ある茶畑の画像です。
宇治田原の茶畑には、大きな柿の木がよく見られますが
これは茶園の霜よけに植えられたようで、昔の知恵の名残の風景になっています。
秋には、柿のオレンジと茶畑のグリーンが素敵なコントラストをみせるんですよ。

★撮影:宇治田原から信楽に抜ける途中の山間★




テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。